ストレッチの話

会報誌に興味深い記事が載っていたので

ブログに載せたいと思います。

自分の判断で難しいところは省き、

すごく大事かな?

と思うところを載せたいと思いますので、

記事を見たい方は当方に連絡下さい


公益社団法人日本柔道整復師会 第46回北海道学術大会講演

「新しい運動生理学-スポーツケアを中心に-」

札幌医科大学医学部細胞生理学講座 教授 當瀬規嗣 氏


【乳酸はエネルギー物質】

一般に、乳酸というのは筋肉に溜まると疲れる・痛くなると教科書に書かれていました。これは間違いであるということです。体内での酸素を使って効率的にエネルギーを作るシステムがあり、そこで乳酸が活用されます。また乳酸がないと持久力が出ない、乳酸が筋肉の外側に増えると筋肉の収縮する性能がアップするという実験結果もあります。

結論を言うと乳酸は人間にとって極めて必要なエネルギー物質であり、疲労物質で筋肉内に乳酸がたまると筋肉の収縮力は低下するという考えは現在否定されています。


【痛みのしくみ】

筋膜に分布している神経に刺激が加わると、筋肉が痛むという仕組みになっています。

運動に関する筋肉痛には運動中に生じる急性筋肉痛、運動後に生じる遅発性筋肉痛、筋線維断裂(肉離れ)がある。

深部感覚では筋肉や関節包、骨膜などの自由神経終末で感じ取り、炎症による発痛物質の増加、血行不良、酸素低下などにより痛覚の感受性が増大します。

そして、発痛物質に乳酸は含まれません、乳酸は運動停止後60分以内で消失します。遅発性筋肉痛は運動後72時間から数日後に現れるので、遅発性筋肉痛は乳酸が溜まって筋肉痛になるということが間違いであることが分かります。

筋肉痛のメカニズムは微細な損傷による炎症で痛みを感じます。また筋肉を酷使することで硬くなり(緊張)血管を圧迫し血管内に疲労物質が蓄積して脳に伝わり痛みを感じます。


【ストレッチ】

大事なことは血行不良が痛みを増加させるということですので、静的ストレッチで筋緊張を取り血流を良くすることが筋緊張の解除、血管の圧迫の解除による血流の改善、発痛・炎症物質の排除により筋肉痛を防止できます。

以上

血行を改善・休養・新しい疲労の考え方が掲載されていましたが、

また後日書きたいと思います。

渋川機能回復スタジオRe:Do かたかい接骨院

群馬県渋川市 渋川機能回復スタジオRe:Do かたかい接骨院